次女3歳7か月*PTと OT

いつの間にか更新があいてしまいました。

過去記事投稿で失礼します。

思い出せる範囲で記します。

 

 

■■療育センターにて3か月に1度のPT(理学療法)

3歳で独歩出来るようになって約8か月。

歩行も安定し、自分の意思で好きなところへ歩くことが楽しそう♪

ただ まだジャンプや走ることは難しそうです。

 

✅1日1回、入浴時や靴下を履くときなどに足外側にマッサージ。

✅ジャンプは頭上に何か興味のあるものを見せると促されるかも。

 

 

■■OT(作業療法)

ヨーグルトを持参し、スプーンの持ち方を確認。

左利きで右手を添えずに(=落とさずに)口に運ぶことも出来ているときもある。

 

しかし、肩や腕、指の稼働範囲に制限(アペール症の影響)があるせいか、私たちのようにスムーズにいかないことも。

 

➩スプーンに食べ物を乗せたままお口に平行に運ぶことが出来ず。文章で書くのは難しいけど😓お口に運んだ時はスプーンの裏側が見えている状態になってしまう。

 

その様子を見て、療法士さんはスプーンを正面にしてお口に運ぶように(これまた説明難)練習したほうが食べやすいのではないか。

とおっしゃっていたけど、やはり本人はいつもの持ち方、運び方に直してしまう。

 

先ほども書いたように、次女の手の指は関節が曲がらないし、肩の強直もある、、

普段はあまり気付かないが、もしかしたら肘や手首にも ほんのわずかな強直があるのかもしれない、と推測しています。

 

だからスプーンの持ち方や歩行もそうだけど、次女なりの持ちやすさ、力の入れ方、があるのだと思います。

きっと私たちには絶対にわからないよね。

 

✅介護用品でもあるスポンジ?をスプーンに付けてどうなるか?

調べてみよう🔍

 

✅お絵描き

以前より手側面の力付いてきている。良好。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link