次女3歳*半年に2回目の肺炎

過去記事投稿です。

 

 

■■風邪からの肺炎

次女がここ半年で2回目の肺炎になり、8日間程入院➩退院しました。

 

始めは

三女が結膜炎➩風邪➩2日くらいで回復

次女に同じ症状が移り、重症化...

 

滲出性中耳炎が影響している可能性も視野に入れ、耳鼻科へ行き診察&処方されたお薬も飲んでいましたが回復せず。

 

取りあえずインフルエンザは陰性でしたが。。

長女には毎回移らないのが救いです💭

 

 

日中は熱が下がることもありましたが、それでも既に5日連続 発熱が続いていました。咳もおかしいので、もう入院決定だと予測し、入院準備を整え、小児科へ➩紹介状を書いていただき、すぐさま入院となりました。

 

 このビニールの中は高濃度酸素なので少しは呼吸がラクになるかな?当日は唇が乾燥?し血だらけになっているのが不思議でした。

 

 

次女入院の翌日、私はワンオペ育児もままならずしんでいました。

それでも旦那は仕事だし誰にも頼ることも出来ず。

ただピークが過ぎるのを待ち....次女の面会に行けたのは数日後でした。 

 

 

 

ちょうどクリスマスの時期に入院だったので保育士さんからプレゼントをいただきました🎁次女にもちゃんとサンタさんが来て良かったね😊

 

入院後半には食欲も戻り、点滴も外れ、キッズコーナーで元気に遊んでいたそう。

夜も良く眠れている様子💤

 

 

■■素敵な🏥

今回の総合病院は前回肺炎で入院した時とは別の病院でしたが、こちらもとても良い病院でした。

 

まず初日の流れがとてもスムーズで待ち時間もそんなになく、長女と三女の保育園お迎えにいつも通りの時間に行くことが出来ました。

 

過去の経験から「入院」となると絶対に間に合わない😓と覚悟していたので...とても感動しました✨

 

また、2歳の時に経験した薬剤熱に関して、 きちんと大学病院に確認の電話もしてくださいました📞

 

何より、院内が清潔で お部屋も結構広くて、収納も良くて快適📺

もちろん主治医、看護師さん、保育士さん、事務の方も私の声に耳を傾けてくださり、優しかったです✨

 

私自身もストレスなく病院を訪れることが出来るということはとても重要なんだと感じました。

 

 

■■懸念

もう肺炎にならないように予防もしたいところだけど、今回は滲出性中耳炎が影響しているようなので、大学病院(耳鼻科)主治医にもお伝えしようと思います。

 

内服薬や近所の耳鼻科での診察、自宅でのネブライザー吸入など自分では手を尽くした、と思っていても他に適切な対応があったのではないかと悔やまれます。

 

成長に伴い、元々の疾患の中顔面低形成が進行している影響もあるのではないかと疑っています。お鼻やお耳の中の通りがわるくなり、呼吸が苦しくなってしまうことが要因なのではないかと。何か改善策があれば良いのですが。

 

とは言え、普段は元気いっぱいで三女との おもちゃの奪い合いバトルが日に日に激しくなってきています😄

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link