OT(作業療法:手先の確認と訓練)再開*次女3歳4か月

🏥 前回のOTから約7か月ぶり。

医師の指示のもと、OT再開の運びとなりました。

 

前回のOTでは食事中の手先の様子などがメインでしたが、今回は日常での手先の使い方、鉛筆の持ち方などを重点的に。

 

 

🍴まずは食事中の様子を聞かれ、

スプーンは左手で持ち、右手で落ちないように添えながらお口に運ぶ。

フォークは刺す力が弱く、あまり使用していない。

薬指と小指の間でポテトを挟んで食べていた事もお伝え。w

 

 ということで、色んな遊びを通して次女の手の動きを診てくださいました。

 

 

 おままごとの遊びの中で、お野菜を包丁で切る動作。

直接手で切り離すことは出来ますが、このおもちゃの包丁だと うまく力が入りません。

 

そうそう、次女は左利き。右手だと左手ほど力が入らないようなので矯正はしません。

 

 

写真のように次女の場合は手の平の小指と手首(正式名称わからず😓)の間の筋力がまだ弱いようです。

親指と人差し指の間の掴む力はだいぶついてきている様子😊

 

 

お絵描き✎

こちらでも小指側の握る力が弱いことが伺えました。

 

 

.....以上を踏まえて、次女の場合は

手の小指側の側面の握る力が弱い

➩おままごとの野菜を包丁で切る動作がリハビリになる

フォークの刺す力の練習にも繋がるようです🍴

 

早速、翌日は保育園の先生に この遊びを取り入れていただけると助かることをお伝えしました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link