次女3歳2か月*月1のPT訓練へ*平均台歩行にレベルアップ⤴

■■月1のPT(理学療法)へ

今回はインソールを受け取り後、初めてのPT訓練です。

📱関連記事次女3歳2か月*装具(インソール)受け取りへ👟

 

今や すっかりハイハイを見る機会も無くなり、独歩率90%くらいです。

 

 

✅まずは前回と同じ、なだらかな傾斜のあるマットの上を歩行訓練👣

始めは手を繋いで昇り降り出来ていましたが、不安定なのかハイハイに移行💦

 

 

お次は 平均台歩行にチャレンジ👣

平均台の先にあるテーブルに置かれた おもちゃの自動販売機を目指してGO❕

 

こちらが前回同様、次女の興味を引くために使用した自動販売機です。

 

アペール症の影響により指の関節は曲がりませんが、コインを水平に投入したり、ボタンを押したり、缶を取り出したり.....楽しそうでした😊

手先の訓練にも良さそう♪ 

 

平均台は約20cmの幅で約3mの距離。その上を療法士さんと手を繋ぎながら歩きます👐

 

意外にも次女はゆっくり足元を確かめながら...平均台から落ちずに歩いていました。 

 

 

📷療育PTでの写真は無いのでこちらを。長女が大好きなクレヨンしんちゃん。

 

 

平均台に障害物を設置

平均台の歩行を何度か繰り返したら、

お次は平均台の途中に障害物。

柔らかいクッション素材のハードルが置かれました。

 

療法士さん、次女の手を繋いだり、腰辺りを支えつつ.....次女は悠々と?またぎ、乗り越えて行きます。

 

ただ、またぐタイミング?が少し早かったようで、ハードルを踏んでしまったり(;^_^)

でもそんな 黙々と挑戦する姿もなんだか可愛い😊

 

 

✅インソール確認とジャンプについて

リハビリ科で作ったインソール👟を履き始めてから約1週間。

足のどこかに負荷がかかっていないか確認。

➩右足の小指のみ赤くなっている。

 

インソールは13.5cmの外履きシューズ用に作ったので、13.0cmの室内履きシューズはもしかしたら、きつくなってきたのかも?

室内履き👟ワンサイズ上げないとね💦

 

 

ジャンプするまでになるのは まだ だいぶ先になりそう、との事。

独歩歴が長く、歩行が かなり安定してからですね。

 

 

✅爪切りでの出血✂

裸足になった次女の爪からの出血痕に気付く療法士さん。

私、訓練に影響しないように数時間前に爪切りをしてきました。

そう、次女は爪切りが大嫌い。

 

毎回、全身で拒否され、押さえつけながら&アペール症の合趾により爪の形がいびつなため、出血してしまいます😓

 

ちなみに爪切りは赤ちゃん用の先が丸いハサミタイプの爪切りです✂

 

➩療法士さん「足を診てもらっている先生に相談したほうがいいかもね」

「ニッパータイプの爪切りもあるので、どんなタイプの爪切りが適しているか」など。

 

現在、大学病院形成外科は半年に1回の定期診察のため、次回は来年💦 

 

インソールを作ったときのリハビリ科は来月に受診予定なので、お話してみようと思います💭

 

そういえば、爪切りは形成外科の先生にお願いしている、というアペールちゃんもいると聞いたことがありました。。

でもやっぱり、私が腕を上げて切ってあげたいな。

 

 

📷公園にて。長女が次女を乗せてあげてるとこ♡


 

 ✅両肩関節強直のリハビリ

前回のリハビリ科受診で足と肩のレントゲン撮影をしたことを報告。

両肩関節の強直については先生のおっしゃっていたように腕を上げるリハビリを続けたほうが良い。

 

その際、本人嫌がるので、頭上に興味を引くものを垂らしたり、遊びを取り入れたリハビリが良いかも?

 

普段の生活ではとくに支障はないので、忘れがちになってしまう💦家庭でも意識しつつ、保育園の先生にも伝えてみようと思います。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

Sponsored Link