次女2歳10か月*メガネ作成に向けて..眼科受診

■■移転後 初の小児医療センター🏥眼科外来へ

まずは移転前には皆無だった駐車場渋滞🚙....4.50分は待ったかな😓

しかも格納タイプに慣れておらず、アタフタ💦

 

ここでは他の科にはかかっていたが眼科は初めてなので、紹介状を渡し受付表を記入✑

更に30分待ち💦

 

身長体重を測り、ようやく眼科へ。

問診票の記入は3枚ほどあり、書き終えるのにかなりの時間を要す💦

 

 

📝問診票の内容を抜粋して記します

▼相談したいこと=受診理由

先天性疾患アペール症により 

 ・斜視

 ・逆さまつげ➩常に涙が出ている

 ・弱視➩早期治療を望む

 ・診断によってはメガネを作りたい

 

▼斜視について

時々。何か集中して見ているときや上目の時に気になる。

遠くから私を見るときに焦点が合っていない。

目の前の食事を首を曲げて見ることがある。右目で見ている?

外でまぶしがり、目を閉じることがある。

家族で斜視の人はいない。

 

▼入院及び手術歴

 ・生後2か月半-NICU・GCU入院(S病院)

 ・1歳1か月-頭蓋骨縫合早期癒合症により骨延長手術(G病院)

 ・1歳3か月-抜去&合指症により分離手術(G病院)

 ・1歳6か月-合指症2回目の分離手術(G病院)

 ・2歳0か月-軟口蓋裂、滲出性中耳炎、アデノイドにより口蓋形成術、チュービング、アデノイド切除術

 ・2歳9か月-水頭症、キアリ奇形により大後頭孔減圧術(G病院)

 

他にも家族構成や新生児期の項目もありました📝

 

入院・手術歴に関しては「何か月の頃だったかな~?」と あやふやだったので、このブログで確認するという(笑)

まさかの自分のブログがとても役にたちました(笑)

 

診察に呼ばれるまで まだまだ時間がかかるだろう...と予想し、その間にお昼を食べました。

 

https://www.instagram.com/p/BTQQuh6gOg5/

 

40分ほどで呼ばれ、診察室へ。

 

🔍医師の所見

☑斜視

➩眼科での治療。常にズレているようであれば手術。

次女の場合は常時ではないし、今の年齢での手術は出来ない。手術をしても戻ってしまう可能性もあり。

 

☑弱視

➩弱視にも種類がある。次回検査を行なう。それによって、アイパッチになるのか、メガネになるのか、検討。

 

☑逆さまつげ

➩形成外科の領域。メインで通院している大学病院の形成外科で今後手術をする際に一緒におこなっていただくのが理想。

幼児のうちは まつげがやわらかいので支障は無さそう。眼球に傷はついていない。ヒアレイン点眼薬を処方。

 

 

ということで次回の受診でメガネが必要になるか決まりそうです。

同じアペールちゃんも だいたい3~4歳でメガネを作成している子が多い印象なので、次女もそうなのかなぁ...という感じです👓♥ 

 

 

診察が終わりお会計待ちのときは 少し院内を散策。

 

新しい院内はキッズルームやカフェのようなスペースもあり、次女ものんびりリラックス😊

 

珍しく目の前の食事よりも、座り心地の良いイスの感触を楽しんだり、外の景色を見てニコニコしたり😊

 

良かったね✨ 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

Sponsored Link