【次女2歳2ヵ月】地元の小児医療センターへ*聴力の評価

🚙地元の小児医療センターへ

(ここは1歳9か月より補聴器外来のみで通院しています)

口蓋形成術・アデノイド切除術・チュービングの術後 初の耳鼻咽喉科・補聴器外来でした。

とても気になっていた聴力の評価をしていただけます。

 

 

🏥まずは耳鼻咽喉科にて遊戯聴力検査と診察

結果、やはり術前とは明らかに聴力が改善されていました。

当初は「チュービングをしても補聴器は必要でしょう」と言われていたのに。

 

今では食事を用意してる時のお皿の音に とくに敏感です(;^_^)

 

チューブはしっかり留置されているし中耳炎も無い様子

とのことで ひと安心。

 

 

🏥その後は補聴器外来で言語聴覚士さんとお話し

口蓋形成術(お口の中の天井を塞ぐ手術)を行なったということで、いずれはメインで通院している大学病院か、PTで通っている療育センターで

 

「言語の評価をしてもらうとよい(ST)、鼻咽腔閉鎖機能も診てもらうとよい」

 

とアドバイスをいただきました。

 

https://www.instagram.com/p/BI_60Csh5PF/

 

 

ということで、お借りしていた補聴器はお返しし、補聴器外来の通院は今日で最後となりました。

  

ここの言語聴覚士さんは

耳鼻咽喉科の聴力検査時や診察時も付き添って、次女の様子を見守ってくださいました。

 

いつも患者に とても温かく寄り添ってくださったので、これからも ずっとお願いしたいぐらいでした✨

 

アドバイス通り、いずれはまた他の言語聴覚士さんとST(言語聴覚療法)でお世話になると思うので、良い出会いを期待することとします。

 

次回は約半年後に定期聴力検査をする予定です。

 

 

✧稀少疾患『アペール症』を多くの方に ご理解いただけますように。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

 

Sponsored Link