【次女】4回目の入院手術費用について

入院・手術費用

今回の手術は3つでした。

 • 口蓋形成術
 • アデノイド切除
 • 鼓膜チューブ留置

 

入院期間

想定外の ”薬剤熱” により長引き12日間。(大部屋)

 

--------------------------------------------------------

150万円ちょいでした。

 

実際 退院時に支払ったお金は…


7,000円ちょいでした。

 

 

利用したのは小児慢性

我が家の場合、県外の病院での治療のため、今住んでいる自治体の乳幼児医療費助成または心身障害者医療費助成が利用できません。

翌月に地元の自治体で払い戻し申請も可能ですが、その場合、健康保険3割負担の一時支払いが発生します。それでも高額なため痛い出費となります。

 

一時支払いでも、極力負担額を最小限に抑えたいため、自己負担上限月額が決められている小児慢性を利用しました。

 

わが家の月額上限は数千円です。(所得額により異なります)

 

また、その上限額も翌月に地元の自治体で払い戻し申請が可能ですので、退院時に支払った7,000円よりも もうちょい下がります。

実質は食事・リネン代のみの負担となります。(各自治体により異なるかもしれません)

 

とても助かっている小児慢性の制度ですが、毎年更新が必要で文書料作成代やら手間もかかります。。

通院費(高速代)も もう少し減らしたいところです....

 

 

📖入院中も持参した次女が大好きな絵本

 

入院中、元気が無いときでも これを読んであげると、少し落ち着いている様子でした。

元気な時は 動物のくりぬきをさわさわしたり、ペラペラめくったり...📖 1ページ1ページ厚みがあるので丈夫だし、これなら食べません(笑)

 

 

ちなみに…

  • 乳幼児医療費助成または心身障害者医療費助成➡市 (各自治体)
  • 高額療養費、限度額適用認定➡健康保険
  • 小児慢性特定疾病➡国と県
  • 育成医療➡国

 

の制度になります。

 

 

📱関連記事

 

 

稀少疾患『アペール症』のことを多くの方に ご理解いただけますように。

 👇ポチッ👆

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

 

Sponsored Link