次女(2歳)退院しました。術後9日~11日。無呼吸のことも。

今回の手術は

 • 口蓋形成術
 • アデノイド切除
 • チュービング

の3つでした。

 

📱関連記事

無事手術が終わりました【次女2歳】

次女の術後 翌日~5日間の様子。高熱が続いています..

次女の術後 6日~8日の様子。まだ入院中。高熱の原因は...

 

 

入院10日目 術後9日目

次女 術後1週間近くも40°の高熱が続いていましたが、先日ようやく小児科の診察が入り ”薬剤熱” の可能性。

以降、お薬(解熱剤も)は一切なしでアイスノンのみで平熱を目指していました。

 

その後、本人の力が発揮され、平熱36°台キープしています😂

36°台でもアイスノンを調整していただいてるようでありがたいです。

 

気になっていた睡眠時無呼吸

お昼寝時、うつ伏せ寝でもサチュレーション(酸素飽和度)は正常値との事。

就寝時は、エアウェイしてた時のテープ跡でお鼻の周りに赤みがあり悪化しないように抑制衣をお願いしているので、仰向け寝でサチュレーション正常値。

 

お薬投与なしにしてから本人の頑張りが目に見えてきました✨

すごいなー

 

 

https://www.instagram.com/p/BG4CjAgtUv5/

📷👧#長女のかわいすぎる この笑顔に何度も救われた

 

 

入院11日目 術後10日目

安定の平熱36°台😊

お薬投与無しにしてからみるみる回復し翌日退院予定に。

 

今回はアデノイド切除術が含まれていた為、新しい抗生剤やらを投与され、加えて6時間毎に何日も解熱剤投与され続け...40°の高熱が1週間近くも。

本人は どんなにつらかったことでしょう。

 

看護師さんには 

「お薬をこんなに乱用しても大丈夫ですか?」

とお伝えしていた ”母親の勘” は あながち的外れではなかったようです。

 

しかし、医学的根拠に基づいているわけでもなく、断固たる自信もなかったから。

 

せめて、自分の子どもの話のように耳を傾けてくださる方がいらっしゃると救われます。

 

でも、最終的には私の意向通り朝食をミルクに変えてくださったり、アイスノンの調整を念入りにしてくださったり、感謝しています。

 

 

パルスオキシメーターが欲しい

パルスオキシメーター(pulse oximeter)とは、

プローブを指先や耳などに付けて、侵襲せずに脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)をモニターする医療機器である。 モニター結果を内蔵メモリーに記録できるものや腕時計のような小型のものもある。

出典:Wikipedia

 

主治医より、現在のところ睡眠時無呼吸は問題なしとの事でしたが、これから先、顔面の低成長は顕著になってくるでしょうし、そうなると呼吸の問題が0とは言い切れません。

 

私も不安なのでアラーム機能付きのパルスオキシメーターの購入を検討中。

主治医もそれがあると安心だね、と。

 

しかし、10万円以上と かなり高い😓

 

 

次女退院へ

当初の入院予定は5日間、を大幅に超過し入院12日目 術後11日目にして退院となりました。

旦那が仕事お休みだったので、久しぶりに家族で次女をお迎えに🚙

 

数日ぶりに次女に会った瞬間、ベッドの上で座って遊んでいたものの

「覇気がない」「眼の輝きがない」

明らかに入院前の次女とは違う印象。。

 

何日も高熱で苦しみ、乗り越えた感?

旦那は「魂が抜けているね」と。

 

食事は完食しているとは聞いていたのに、以前よりも痩せ細り、か細い声だし。

 

退院だからおめかし。お気に入りのキティちゃんの半袖ワンピを着せたら、

旦那は「痩せているから長袖着せてあげてよ」と。目に余る姿だったのでしょう。

 

彼女が どんな壮絶な山を乗り越えたのか想像もつかないことが親として心苦しいです。

 

とは言え、お姉ちゃんと遊んだり いつもの日常に戻ったら、きっとパワフル元気な笑顔に会えると信じています😊

 

看護師さんに今回、薬剤熱の要因となったであろう抗生剤と解熱鎮痛剤の名称を確認し、病棟を後にしました。

 

https://www.instagram.com/p/BG6yO0xtUtO/

📷#旦那はペーパードライバーだから運転はいつも私

#高速のSAで特大メロンパンを姉妹でたいらげる

#退院記念撮ろうとしたら長女がゴキゲンななめ

#旦那は料理人😋夕食にタコとパクチーとキュウリのたたきあえを作ってくれた

#自宅にて。次女はイビキなし無呼吸心配無さそう

 

 

 

稀少疾患『アペール症』のことを多くの方に ご理解いただけますように。。

 👇ポチッ👆

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link