【次女通院】補聴器デビュー✨*先生への信頼が希望に✨

いよいよ補聴器お試しの日

病院に着いて まずは

聴力検査(COR : 遊戯聴力検査)

音とともに明かりのつく玩具の方向を見るかを観察。

耳鼻咽喉科 診察

『まな板の上の鯉』状態で次女は耳を診察&お掃除。

 

滲出性中耳炎もあるのでチュービングのお話しがありました。

 チュービングは外来で可能 とのこと。

 

このあとで書きますが、今回の診察で懸念していたチュービング手術に対して前向きに考えられるようになりました✧˖°

補聴器外来

お部屋を移動し、言語聴覚士さんに率いられ

・補聴器に関しての取り扱い

・補聴器を装着してからの関わり方(スキンシップ)

など、ご丁寧に案内してくださいました。

 

まずはレンタルでお試しをしてから購入という流れです。

購入となると、耳かけタイプ両耳で18万円~と、とても高価なもの。(・・;)

うちの自治体では次女のように軽・中等度難聴でも助成があるので助かります。

 

 

当初は補聴器への懸念がありました 

次女の中度難聴が認められた昨年夏ごろ。

当初は補聴器のことを考えるだけで抵抗があったのですが、先輩ママに

「メガネをかけるのと同じように補聴器を使いこなしているよ」

「学力があがった」

というお子さんのお話を聞いたりして、前向きに考えられるようになりました。

 

やはり経験者のお話は とてもためになりますね✨

 

購入すると、ラメにしたりデザインを選べるそうなので楽しみです✨

 

https://www.instagram.com/p/BDhq_t5NUiZ/

?次女?補聴器デビュー✨☺

✾生後8ヶ月:なんとなく反応がないことに気付く

✾1歳0ヶ月:お願いしていた聴力検査実施→中度難聴判明

✾アペール症で共通する

・頭蓋骨縫合早期癒合症

・合指症の治療優先のため難聴関連は後回しになり...

✾1歳5ヶ月:ドクターに補聴器助成意見書依頼

✾1歳7ヶ月:やっと意見書をもらう

✾1歳9ヶ月:補聴器関連の病院を変える。初診。聴力検査。(保育園入所に備え指の治療と同時進行)

✾1歳10ヶ月:聴力検査。補聴器外来→補聴器まずはお試しでレンタル。チュービングも前向きに検討中。☺

 

 

安心感は大事

前回とは違う初めてお会いするドクターだったのですが、今回の先生も とても優しくて感動しました。

 

今まで、次女は頭骨や指の大手術を経てきたというのに、簡易的なチュービング手術だけは私自身躊躇していました...?

しかし、耳に関しての病院を変えて、信頼できる先生に出会たことで、その不安は軽減され希望へと変わっていきそうです✨

 

看護師さんも言語聴覚士さんも みなさん優しくて、こんな病院てあるんだな~と驚いています。ここの病院にして本当に良かったです❕

 

 

?関連記事

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link