私のつわりの記憶(長女と次女)と対処法

(回想)

数年前のことになりますが
備忘録として記したいと思います。

 

読者登録しているしめはは (id:planterplantan)さんの記事にも共感し言及させていただきました📱

planterplantan.hatenablog.com

 

◆◆第一子 長女編

つわりの時期は ちょうど夏から秋にかけて。

8週~18週くらいだったと思います。

 

特徴的な症状

  • 匂いに敏感になる=気持ち悪くなる
  • お腹が空くと気持ち悪くなる
  • 水でも気持ち悪くなる(シークワーサー飲料が飲みやすかった)
  • 眠気がすごい
  • 歯磨きタイムがつらい
  • 便秘悪化
  • トイレが近くなる
  • 夜中に何度も起きる=睡眠が浅い

 

毎日つらかったけれど、不思議と仕事中は気が張っていて。

「今日も乗り切った~!!」と

仕事が終わり、家路に向かうときの達成感は半端なかったです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° 

 

そんな感じで妊娠9ヵ月くらいまでは仕事をしていました。

 

余談ですが

臨月は真冬で外出時はコートを着ていた、

ということもありマンションの管理人さんには妊娠に気付かれず。

産後、長女の一ヵ月健診で抱っこをしていたときに初めて「え・お子さん居たの!?」と。驚かれました💦

 

ちなみに 臨月は妊娠前よりプラス7kgでした。

 

 

◆◆第二子 次女編

第一子(長女)の産休・育休を経て職場復帰➡約1年半後に次女を授かりました。

 

特徴的な症状は第一子妊娠中のときと 変わりませんでしたが、ひとつひとつが前回よりも重く感じました。

 

つわり全盛期8週~20週くらい。冬・花粉症シーズン真っ只中という影響もあるのでしょう💦

 

それに

旦那は夜勤で ほとんど子供との接点がなく育児は主に私。

私の勤務終わり➡長女の園のお迎え➡帰宅➡家事・育児(長女をお風呂に入れるのが一番大変)

 

と妊娠中でも長女の育児に追われていたこともあるかもしれません。

 

対処法?

わらをも縋る思いで こんなアイテムも買ってしまいました👇

手首にすることでツボが刺激され、つわりが軽減されるという。

仕事中は常にしていました。

効いていたのかどうかはわかりません...

 

ただ、いつの日か。

急にこのバンドがなくなったときがありました。

仕事が終わり、長女の園にお迎えに行くと

先生から「(長女の)手首にしているアレはなんですか?」と。

知らぬ間に長女は私のシーバンドをはめていたのです(-_-;)

 

 

つわり全盛期と花粉シーズンが被り、かなりナーバスになっていました。

普通の体勢で寝ると息が出来なくなり、気持ち悪いし、壁に寄りかかりながら(変な体勢←)寝ていた時期もありました(-_-;)

いや、眠れませんでした。

 

そんなときは 夜中に真冬なのに

アイスの実をむさぼっていました。(アイスの実を食べると つわりが軽減される)

闇から覚めるのは遠い遠い先のことのように感じました。

 

 

20週から徐々に緩やかにはなってきましたが

食後のムカムカは依然としておさまらず。

 

 

◆◆次女を授かってからラッキーなことも 

しかし、良いこともありました。

以前も書いたことがありますが 、なんと次女を授かってから長年の私の体質が改善したのです✨

👇参照記事 

apert.hatenablog.jp

本当に次女には感謝 感謝です✨

 

 

📱関連記事 

apert.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link