ドラマ【コウノドリ】9話の感想と次女のNICU時代

f:id:oomirinaoo:20151212153818j:plain

#9.12.11 on air

6年前、四宮春樹(星野源)の患者が出産時に亡くなった。

母親を助けられず家族を不幸にしてしまった自分を責め続けていた四宮は、そのとき生まれたつぼみちゃんの病室を毎日訪れ見守ってきた。

そんな中、四宮がカイザーの手術中に、つぼみちゃんの容体が急変したという報せが入る…。

鴻鳥サクラ(綾野剛)をはじめ同僚たちもつぼみの病室に急いで向かう…。

 

ある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子(酒井美紀)が救急搬送されて来る。

産科と新生児科のチーム医療の協力で、小さな赤ちゃんが誕生するが、明子も夫の大介(吉沢悠)も、いくつもの管に繋がれた小さなわが子の姿に息をのむ。

新生児科医の新井恵美(山口紗弥加)からの説明で、赤ちゃんの状況とこれからのリスクの過酷な状況に、大介はなんで助けたのかと新井を責め立てるのだった。

それでも新井は献身的に赤ちゃんの看病を続け、保育器から離れない一途な姿に、新生児科の部長・今橋貴之(大森南朋)は一人で抱え込みすぎだと心配する…。
.


一方、不妊治療の甲斐あって妊娠した相沢美雪(西田尚美)は出生前診断をするか迷っていることをサクラに打ち明ける。

妊娠できたことは嬉しいが、38歳という年齢での出産に、生まれてくる赤ちゃんに異常がないか気になっているという…。

突然訪れた厳しい現実に打ちのめされる家族。

そして、その姿を前に苦悩する医師たちは、試練を乗り越えることができるのか─?

出典:金曜ドラマ『コウノドリ』|TBSテレビ

 

9話は 四宮先生(星野源さん)が6年間見てきたつぼみちゃんとのお別れから始まり、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子(酒井美紀さん)、一人で頑張りすぎて燃え尽きていく新生児科医の新井恵美先生(山口紗弥加さん)、NICUの様子が細かに描かれていました。

 

**妊婦さんに寄り添った診察

ドラマだからかもしれませんが、ペルソナ総合医療センターのサクラ先生を始め、みなさん優しいですよね。

いつでも妊婦さんの心に寄り添った言葉をかけていらして。

 

不妊治療の甲斐あって妊娠した相沢美雪(西田尚美さん)は出生前診断をするか迷っていることをサクラ先生に打ち明けると

 

「みんなそうですよ」と安心させ、

「後ろめたい気持ちになる必要はない。

むしろ赤ちゃんのことをちゃんと考えている、ということですから。」

 

サクラ先生 優しすぎます😢

 

私自身も長女を妊娠したとき、初めてのことばかりで不安でした。

サクラ先生や小松先生のような方が本当にいらしたら どんなに救われたでしょう✨


 

**献身的なNICUのスタッフ

ドラマのなかで、新生児科医の新井恵美(山口紗弥加さん)の献身的な看病には頭が上がりませんね。

 

次女のNICUのことは

このブログで『1入院(NICU・GCU)のカテゴリー』にも書いていますが、長女の育児に追われていたし自分のことで精いっぱいだった、ということもあってか、あまりNICUのスタッフについて触れていなかったと思います。

 

私自身はセミオープンシステムを利用したということもあり、出産した病院の担当の先生とは滅多に言葉を交わすことなく、帝王切開で執刀してくださったのが最後でした。

 

しかし、NICUのスタッフとは

次女が入院していた約2ヶ月間、毎日のように面会に行っていたので、顔見知りとなり、励まされたことが多々ありました✨


 

🌼『次女ちゃんの のーと』

を作成してくださり、毎日「体重・ミルクの量・その日の様子」を記録してくださっていたのです。

f:id:oomirinaoo:20151212172352j:plain

写真も撮ってくれました📷

 

🌼カンガルーケア

カンガルーケアは、保育器の中の赤ちゃんが母親に抱かれることによって、精神的にも身体的にも充足を得るために行われますが、母子双方の絆づくりのためにも有効であるとされています。

 

ドラマのなかでも赤ちゃんとの面会を促したり、赤ちゃんに触れてみてください、という場面をよく目にしますね📺

 

私が次女の面会に通っていたときも、廊下に「カンガルーケア」の必要性を重視したポスターが貼ってあり、母性父性 が育まれるためにも  とても重要なことなんだと思いました。

 

🌼退院支援計画書

退院へ向けた目標設定、支援期間、支援概要などを指示してくださいました。

・清潔ケア(健常児と同じく 沐浴、オムツ交換など)

・排便コントロール

・授乳について

・母子同室(ファミリールーム)

 

面会に行くといっても、そこでの時間は結構過密スケジュールなのです。

NICUからGCUに移ると母親は更に忙しくなります。

📖日記を確認・記入➡清潔ケア➡沐浴➡体重測定➡カンガルーケア&搾乳or授乳

 

あっという間に時間は過ぎていきます。

 

”NICU” という空間は

赤ちゃんとスタッフが懸命に頑張っている場所

なのだと思います👶

 

そして、退院後も

今もなお、3ヶ月に1度、フォローアップ外来へ通い、NICU時代の主治医が次女の成長を診てくださっています😊

 

 

📱関連記事

 にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link

Sponsored Link