ドラマ【コウノドリ】8話の内容(先天性疾患の赤ちゃん)に自分を重ねる

f:id:oomirinaoo:20151205104158p:plain

今週は 状況は違えども次女と自分とを重ねずにはいられない内容となっていました。

 

サクラにとって忘れられない2年前の ”悲しいお産” 妊婦とサクラが新たな命に向き合う!

お腹の赤ちゃんに疾患が・・家族の決断は?

 

鴻鳥サクラ(綾野剛)が診察する妊婦・川村実咲(中村ゆり)は、順調に37週を迎えているにもかかわらず、お腹の赤ちゃんが動くたびに苦しいと吐露する。

実は、実咲は2年前サクラにとって忘れることのできない悲しい出産を迎えた妊婦だった。今度の妊娠は嬉しいけれど、まだ最初の赤ちゃんのことを乗り越えられないと言う実咲にサクラは…。 .

 

一方、初めての妊娠で幸せいっぱいの妊婦・土屋マキ(谷村美月)は、四宮春樹(星野源)の診察でお腹の赤ちゃんが口唇口蓋裂であることを告げられる。

四宮は手術をすれば治る疾患だと淡々と説明しマキを帰すが、あまりのショックに受け入れられずにいた。

夫の昌和(森岡龍)に付き添われて再院したマキに、担当を引き継いだサクラが丁寧に説明するが、やはり受け入れられないマキ…。

そんな夫婦に新生児科の白川領(坂口健太郎)は「大袈裟に騒ぎすぎでは?」と言い放つのだった。

白川の発言に四宮をはじめサクラと下屋加江(松岡茉優)も白川をたしなめるが、今橋貴之(大森南朋)は黙って白川にある1通の手紙を渡した…。

──実咲は、2年前の悲しみを乗り越えて無事に出産を迎えられるのか

マキが最後に下した決断とは─

出典:金曜ドラマ『コウノドリ』|TBSテレビ

 

口唇口蓋裂と無脳症・私の場合は

今回の焦点となっているのは口唇口蓋裂と無脳症という疾患に向き合う妊婦さん。

口唇口蓋裂については500人に一人の割合で生まれてくるそうで、比較的珍しくないのが実情のようです。

私も毎月、次女の大学病院に通院していますが、口唇口蓋裂のお子さんに遭遇することもあります。

しかも次女は 口唇口蓋裂ではないですが、アペール症の症状のひとつ、口蓋裂があり口の中の天井に溝があります。(同じアペール症でも この症状がないお子さんもいます)

 

無脳症は、大脳のほか、生命の維持に重要な役割を担う脳幹の発達も障害され欠如する例が多いそう。

そのため75%の胎児は死産となり、生存することは難しいとのこと。

 

土屋マキは、不安で不安でサクラ先生から口唇口蓋裂についての説明を求めます。

そこで、マキは「妊娠初期に風邪薬飲んでしまったから?葉酸をもっと取っていればよかった?」と泣き崩れます。

そんなこと全く関係ないのに。

 

私もそうでしたが、母親は どうしても自分を責めてしまいがちです。

ネット上では耳障りなことが多く書かれていますが、サクラ先生も おっしゃる通り、先天性疾患とは確かな原因は解明されていないのです。

 


『子どもは親を選んで生まれてくる』とは思いません

耳障りといえば。

よく、「 (障害を持った)赤ちゃんは きっと あなたを選んで生まれてきたのね」

という慰めにもならない軽々しい言葉。

 

次女のように ”症候群” と称される疾患は 突然変異(新規変異)によるものが主です。

この世に生まれてくるかこないかは 子どもの選択ではありません。

ましてや ”親を選んでやってくる” わけでもありません。

 

自分で言う分にはいいかもしれませんが、NGです。

 


ドラマのなかで感動した言葉 

今回、私が泣いたのは口唇口蓋裂の赤ちゃんを授かった妊婦さんのおばあちゃんのセリフです。

4Dエコーの写真を見ながら、

 

👵 おばあちゃん「か~わいいねえ」 

👨 お父さん「親が自分の子供を愛せないわけないないだろうが、バカヤロウ!」

 

どんな障害を持っていても、赤ちゃんは純粋に可愛い。

そう言ってくれた おばあちゃんに救われますね。 

 


障害児の親は かわいそう?

今は 次女がいない生活なんて考えられません。

心底ショックを受けていた時期は私が入院していた1週間くらいでしょうか。

 

少なくとも私は、次女に毎日笑顔にさせてもらっています。

手術して今は3本指になった手も愛おして愛おしくて✨

毎日キスをしています。

 

次女のその両手を私のほっぺにパチパチ👏させると

声を出して笑う次女。

とっても可愛いのです♥

 

ドラマのなかで母親は、口唇口蓋裂の傷も自分の子の個性として愛していく様子が描かれていました✨✨

 

 

📱関連記事

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link