『育児休業取得に伴う保育園入所継続の取り扱い変更』

私の住む地域では

これまで、保育施設に入所している児童で、保護者が第2子以降を出産し育児休業を取得するときは、保育の継続利用を、育児休業の対象となる子が満1歳となる年度の3月31日までとしていました。

今後は児童福祉の観点から、育児休業取得後に伴う入所継続の取り扱いについて、変更となりました。(27年10月1日より)

 

 【変更後】

~入所継続の取り扱い~

在園児の保護者が、その下の子を対象として育児休業を取得した場合、

在園児の保育の継続利用は、育児休業期間中継続可能。

  

うちの次女の場合は

当初、0歳児入所を希望していたのですが、

手術が落ち着くまで どこの園(認可・認可外すべて)も入所不可

と言われてしまったため、職場復帰は出来ませんでした。

 

この新制度により、

万一、来年度も入所不承諾

となった場合でも長女は園に通い続けることが出来ることになります。

 

なんとか、来年度の4月入所を目指して動き始めているところです。

 

 

ある地域では

「第2子を出産し育児休業を取得した場合、第1子が0~2歳児の場合は原則として退園」

とする制度に対して、保護者らが反発 というニュースが話題になっていました。

 

大きなことは言えませんが、

新しい制度が少子化対策の突破口になっていければいいな

と思います。

f:id:oomirinaoo:20151021110819j:plain

 

▽関連記事

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link