【次女1歳4ヶ月】久しぶりの療育再診

療育

障害のある乳幼児、児童に対して医学的な判断・評価・個別指導を行うことです。

 

保育園に入所できなかったこともあり、私の意思で療育に通いたく、6月に初めての受診をしました。

とは言え、入院・手術があったので、ほとんど通えていませんが。

 

療育に通うためには3ヶ月に1回、療育センターで医師の定期診察が必要となります。

今日は その2回目の診察の日でした🏥

 

◆◆診察・・

まずは身体測定から。

気になる頭位は47.5cmでした。

7月に頭蓋骨を拡げる手術をしてから、以前よりは頭の形が整い、頭位も平均頭位になりました。

 

療育を受けるにあたり、医師より

👇リハビリテーション実施計画・確認✎

  • 足が地につく状態で椅子や親の足に座らせ、膝を曲げて座位の練習をしましょう

 (そういえば しっかりと座位が安定していないのに先に掴まり立ちになってしまっていた)

  • 離乳食の進み具合の確認
  • 通院している大学病院では入院の際、離乳食の指導などは なかったのか?→なし
  •  一緒に食事をしてモグモグの見本を見せましょう
  • 通院している大学病院の眼科で視力などの確認は?→まだ
  • 大学病院の耳鼻科で難聴の種類の確認は?→不明

  (療育の医師は何種類か専門用語をおっしゃっていたがよくわからず)

 

訓練の際は頭の衝撃に配慮していただけるようPT*1理学療法士さんに伝えていただける、との事。

 

◆◆診察を終えて・・

前回もだったのですが、療育の診察を終えると いつも自己嫌悪になります。(相性なのかな...)

 

自分でいうのもあれですが、

次女に関しては私自身マイペースなりに日ごろの手のケアを始め、順調に出来ている、

と思っていました。

 

育児してるママはきっと みんなそうだと思うけれど、心のどこかで、

「お母さん、よくやってるね」

と褒めてほしかったのかもしれません。

それが目的ということでは ないのですが。

 

療育センターとは、こどもの成長を総合的にみてくださって、みんなで見守っていく、という場なのだと思っていました。

 

でも、ある意味 3ヶ月に1度

喝を 入れてもらえる

と思えばいいのかな。

 

f:id:oomirinaoo:20151015155618j:plain

📷昨夜、手のケア後にバンボに座ったまま寝てしまった次女(;^_^)

あれから次女は発熱することもなく元気です😊

 

 

関連記事

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

*1:理学療法:身体の障害のある者に対し、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導など

Sponsored Link