医療費払い戻しと自動車燃料費助成金の請求へ

福祉サービスの恩恵・・

今日は次女の

1. 心身障害者医療費支給申請(市外医療機関受診時の払い戻し)
2. 重度心身障害者自動車燃料費助成金の請求

 

に役所へ行ってきました。

 

うちの自治体は、小慢や育成医療で自己負担が発生した場合、1の申請で実質負担額0になります。(乳幼児医療費助成でも同様)

とくに入院・手術費用は高額になるので、これは本当に助かります。

 

しかし、何かと必要になる文書料(診断書)は対象外なので、低所得の我が家にはキツいです?

文書料って意外に高いですよね?

 

 

2の自動車燃料費の助成に関して

次女は身体障害者手帳の等級が対象となります。

 

◇助成額(自治体により異なります)

1リットルにつき50円で年度200リットル分 10.000円が限度

※申請月により助成額が変わります

 

半年経たずに限度分200リットル超えました?

 

普段の通院や、入院中は面会で毎日のようにガソリンを入れていたときもあったので、そりゃすぐに超えますね。

 

年度末まで まだまだ長い・・もっと限度額が上がればいいのにな....

 

 

確定申告の医療費控除について・・

ちょっと納得いかないのは、

通院費として、公共交通機関(電車やバスなど)は控除対象なのに、自家用車を運転した際のガソリン代や駐車料金、高速代などは医療費控除に該当しないということ。

 

地方にお住まいの患者さんは駅から遠かったり、病状から公共交通機関を利用できずに、付き添いの方に運転してもらい、自家用車で病院に通われているのが現状だと思います。

重度障害を抱えている患者さんほど、その傾向があると思います。

 

うちの次女も例外ではありません。

乳幼児は感染症リスクの観点からや安全面からも、多くのひとが行き交う公共機関での通院は避けたいです。

 

改善されたらいいな......... 

 

 

f:id:oomirinaoo:20150916142552j:plain

 *長女(3歳)の芸術作品(笑)

真ん中がハート♥になってる??

他にもトンボや箸なども作ってました?

  

▽関連記事 

 にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

Sponsored Link