【通院】近所の耳鼻科へ*悩みどころ

--聴力検査結果--

先日の外来ツアーの際、耳鼻科にて 聴力検査の結果が出ました。

------------------------------

難聴の疑いあり

 

水を抜けば、(=チュービング手術をすれば)

少しは聴力があがるかもしれないが、それでも補聴器をするレベル

------------------------------------ 

来月に、抜去&合指形成術の予定があることをお伝えしたら、

それでは一緒にチュービング*1の手術もおこないましょう

という流れになり。

 

私はその時、聴力をよくするためのチュービングなんだと解釈しました。 

 

でも、後でよく考えたら、チュービングは滲出性中耳炎*2の治療としておこなうものなのですよね。

 

耳の中を一切診ることもせずに、

滲出性中耳炎ということも不確かなのに、

聴力をあげるためのチュービング手術は適切なのか?

 

疑問が湧いてきました。

 

チュービングはカンタンな手術らしいのですが、幼児は全身麻酔。

しかも、アペールちゃんは耳の中の形成異常の子も多いので、

健常児への手術と比較すると難易度が高くなると思います。

術後、炎症の可能性もありますし、他にもデメリットはあります。

もちろんメリットもあると思いますが。。

 

 

--近所の耳鼻科へ--

とりあえず、モヤモヤを払拭するべく、

今日、近隣のいつもの耳鼻咽喉科へ行きました。

遠い通院先までは時間もお金もかかるし、よっぽどのことが無い限りすぐには予約取れませんし。

 

........

結局、現在はヘルメット装着しているので、

頭を押さえられず、耳掃除ができない、との事。

耳掃除をしたら滲出性中耳炎かどうか診られるそう。

 

耳垢水(耳垢を軟らかくして取りやすくするはたらきがある)を処方してくださったので、

次回の診察で耳垢を取り、滲出性中耳炎かどうかの診察をしていただけるようです。

 

ちなみに、その先生自身は、耳の中を診ずにチュービングという診察はしない、との事。

 

 

チュービングするかどうか・・悩みます。

 

所詮、私は素人。正直 何がなんだかよくわかりません。

 

 

--待合室で印象的だったこと--

4歳くらいのお姉ちゃんと、1歳くらいの弟くん、

案の定、次女のベビーカーに近づいてきて、不思議そうに尋ねてきました。

 

女の子「頭とお手手どうしたの?」

私「病気なの」

女の子「そうなの...」

 

そっと次女の手を撫でいて、

その女の子の眼差しを見ると、本当に次女のことを心配しているように見えました。

 

こんな単純なやりとりだけでも、その女の子の人柄、というか育ちが感じ取られるような気がします。

 

もっとストレートに私が傷つくことを言ってくるのかと思ったけれど、優しいお子さんもいるのですね👧👦✨

 

 

f:id:oomirinaoo:20150819141916j:plain

*夕方に射し込んでくる西日に興味を示す次女。

光がヘルメットに反射して テレビ台に水玉風に映りこんでいますぴかぴか(新しい)

 

▽関連記事

 にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

*1:耳管通気療法:鼓膜切開をした穴に小さいチューブを鼓膜にはめます。これにより空気の入れ替えは保たれます。

*2:鼓膜の奥に液体が溜まる中耳炎のことです。聞こえがわるくなる症状が出ます。

Sponsored Link