認可保育園に公立と私立がある?

(以下、個人の見解が含まれます)

 

何が違うの?

長女(3歳)は 1歳から私立認可保育園に通っています。

私立のほうが高いと思われがちですが、公立も私立も基本的な利用料は変わりません。

 

一番の違いは運営団体。

公立がその自治体なのに対して、私立では様々な運営団体があるようです。

 

私立保育園の特徴

運営母体によってもかなり変わり、独特の教育があるようです。

通う保育園によっては、英会話、絵画、音楽、スイミング、夜間保育、など

特色のある教育を行なっているところが多いようです。

ただ、その分 追加で費用がかかってしまいます。

 

長女の園では 

年少の3歳児クラスから曜日ごとにカリキュラムが組まれており、

スポーツ教室(スイミング含む)、絵画造形教室、英会話、体育教室(有料)、英会話教室(有料)、

などがあります。

 

うちは有料の英会話教室は受講していません。

小さなうちは 身体をたくさん動かして お友達とたくさん触れ合って欲しい、

という私の思いから、体育教室を優先し入会しました。

 

体育教室があった日はテンション高いし、笑顔が多いし、

力を使い果たしたのか、早めに寝てしまいます?

やっぱり子供は 全身で遊ぶのはいいことずくめですね。

 

そういえば、リビングにあるジャングルジムで逆上がりらしきことをしています。

でんぐり返しも完璧になりました。

 

 

公立保育園の特徴 

私立に比べて勤務年数が長い人が多いので、

教育における安心感が非常にあるように思います。

先生の異動が多い、ということが少し気になります。

 

以前、次女の保育園の相談に役所へ行った時に、公立だったら加配*1付きで入所の可能性がある、

と言われたので、障害児に対しては 公立のほうが寛容な印象も受けます。

ちなみに私立保育園では加配制度はない、と言われました。

 

保育園の数と比率

公立保育園は民営化が進んでいる為、年々減少傾向にあり、私立保育園は増加傾向にあるようです。

 

保育園選び

それぞれにメリット・デメリットがあり、また費用はその家庭の所得や自治体によって、大きく変動してきます。

自分たちのニーズに合っているか、

園の見学などを通して決めていけるといいですね。

 

長女の時は、

・家から近い 

・キレイ 

・見学に行ったときに子供たちが元気よく挨拶してくれた

ということが決め手となりました。

 

とは言え

ここまで書いておいて何なんですが、

一部の都市では待機児童問題もありますし、こちらが選べる状況ではない現実もありますよね....

私の住む地域も激戦区で長女のとき入所できたのも奇跡だと思いました。

 

次女もお姉ちゃんと同じ園に

入園させたかったのですが、不承諾という結果だったので、手術が落ち着いたら 加配ありの公立保育園を希望しようと思います。

 ---------------------------------

 

昨日の記事で動画を投稿できなかった、

と書いたのですが YouTubeにてupできました。

  

*1:加配・・通常より保育士を多く配置すること

Sponsored Link