【障害児(者)生活サポート事業利用者登録証】は持っているものの・・

次女は身体障害者手帳があるので、生活サポートを受けることができます。

---------------------------------------

◆概要

在宅で障害のある方の地域生活を支援するため、

障害のある方及びその家族の必要に応じて

一時預かり、派遣による介護、外出時の介助等のサービスを提供します。

登録団体についてはお問い合わせください。

 

◆対象者 

身体障害者手帳、療育手帳及び精神障害者保健福祉手帳所持者、発達に障害があると診断された方

 

◆年間(年度)利用時間

上限150時間

 

◆費用 

利用者の費用負担があります

 

◆申請に必要なもの

手帳・印鑑

-------------------------------------------------

私達の両親は遠方に住んでおり、なかなか協力を得られないので、

このサービスはとても助かる!!

と思い、手帳取得後すぐに申請しました。

(新年度になると、再申請は必要なく、新しい登録証が送られてきました。) 

 

数ヵ月後、長女と旦那と私で、のっぴきならぬお出かけをする予定があったので

近隣の事業団体に ”派遣による介護” について問い合わせをしたことがありました。

次女は後日、大学病院での検査を控えていて、どうしても外出をさせたくなかったのです。

 

結果、諦めました。

電話口では担当の方が色々おっしゃっていたのですが、私には

珍しい病気で しかも赤ちゃんだから何かあったら責任とれない、怖い、、

という心の声が聞こえてきたような、、


そんな印象を受けてしまったので、無理にお願いしようとは思いませんでした。

 

せっかく良いサービスなのに、利用しにくい。

なぜこちらが遠慮しなくてはならないのだろう。

でも、きっと事業団体も色々事情がおありですよね。

 

また機会があったら電話してみます。 

 

f:id:oomirinaoo:20150628163712j:plain

 

Sponsored Link