【次女月齢11ヶ月】初めての療育センター*初診

◆◆療育とは・・

療育は 大抵の場合1歳半健診などで、医師から紹介されることが多いようです。

ことばの遅れや、身体・運動面の発達、対人的コミュニケーションの発達について、

専門家たちが総合的に判断し、個別の支援プログラムを立て、連携サポートをしていただけます。

 

◆◆次女の場合は・・

まだ0歳児で通うのは早過ぎる、という意見もあるようですが。

私としては 来年度の保育園入所に備えて、

  • ひとりでの歩行と食事が出来るように訓練できたらいいな(アペールちゃんは2歳前後の歩行になることが多いようです)
  • たくさんのひとと触れ合ってほしい

と思い、自ら療育センターの受診を希望しました。

 

地元の小児科で10ヶ月健診に行った際に、

紹介状を作成してもらいました。

 

◆◆初めての療育センター・・

療育に通うには まずは診察が必要です。

3ヶ月前に問い合わせをして、申請書やら次女の記録やら たくさん記入をして提出を済ませていました。

 

後日、診察予約が取れ、やっと今日。

 

◆◆診察 ・・

月齢11ヶ月現在の次女、

粗大運動発達は 定頚、寝返り、ずり這い。

座位はまだ。

 

早産だったので修正月齢9ヶ月ですが、それでも発達遅滞は否めない。

長女は7ヶ月でつかまり立ちしてたし、どうしても長女の時と比べてしまいます。

 

担当医師に療育センターの受診動機を聞かれ、

上に書いた、保育所入所に備えて~ の内容もお伝えしたところ、

 

医師「上のお姉ちゃんと遊んでいるだけでも、 訓練に繋がっているのよ。

お姉ちゃんの存在はとても大きいのよ。

毎月の通院でも色んな人と触れ合っているから本人の視野は広いのよ、、」

などと、なんだか「療育に通わなくてもいいよ」と言われているように感じました?

 

とにもかくにも

次回からの理学療法(外来療育)が楽しみです♪
 
 '15.5.14

f:id:oomirinaoo:20150614100150j:plain

【天蓋カーテン 蚊帳 モスキートネット サシェ セット/プリンセスレース 白】

このカーテン、次女への衛生面(ウィルスとホコリ防止)から購入しました。

実際、効果あるかは わかりませんが(^_^;)

今や、姉妹で(なぜか)「ネズミの部屋~~♪♪」と歌いながら

この中で遊んでいます。

 

▽関連記事

Sponsored Link