【次女の誕生から3ヵ月半】カミングアウト

(回想)


次女が誕生して約3ヵ月半経ったころ

ようやく友達に次女のことを話せるようになった。

 

当時、SNS (限定公開)に載せた文章 抜粋。

次女、ある夜中の姿。

寝ていても常に目が開いてます。

(頭蓋骨縫合早期癒合症により眼球突出があるため)

 

4ヶ月前からは想像も出来ない日常。

次女は退院後、都内の大きな病院へ、...

新生児科、形成外科、整形外科、脳神経外科..

すでに長女よりも複数の診療科に通院している。

 

次女は先天性の病気を持って産まれてきました。
 

私も初めて聞く病名、アペール症候群。


~~略

 

出産後、数日は自己嫌悪。

おめでたい日々になるはずだったのに、親にも出産を報告せず、

自分のことで精一杯だった。

お腹の張りに気付いていたのに無理して仕事していたからでは?

、、何が いけなかったの?自問自答。

でも全て違ってた。
 

妊娠中の過ごし方も 年齢も 遺伝も 全く関係ない、新規変異なのだと、

早産も その病気が要因だったのだと、主治医から そう説明を受けた。

 

当初は正直、私は この子を愛せるのだろうか?

自信が無かった。


でも、毎日面会に行っていると、

小さな身体で生きている次女を目の当たりにして。

 不思議と母性が湧き、私にもこんな感情があったんだと自分に驚いた。

 

ふと、乙武洋匡さんの言葉を思い出した。

  「障害は不便です。しかし、不幸ではありません。」

たしかに。

次女は私達に たくさんの安らぎと笑顔を与えてくれている✨

 

力いっぱい泣く声と表情も 

ミルクにガッつく姿も

この花の蕾のような手も

全てが愛おしくてたまらない♡*.+゜

我が子は やっぱり可愛い。

あらゆる手を尽くして、治してあげたい。

 

そして、

当初の私には考えられないくらい

今は この病気の事をすこしでも多くの人に知ってもらいたい

という気持ちが強くなっている✧

 

f:id:oomirinaoo:20150704120439j:plain

📷妹の髪をとかすお姉ちゃん

Sponsored Link