OT(作業療法)*専用スプーン作ろうかな*次女3歳5か月 

最近、保育園の先生より

食事の際、専用スプーンがあったほうが本人も食べやすくて良いのでは?

という様な話が出ました。

 

確かに次女の食事の様子を観ていると、

私たちのようにスプーンで何かをすくって、そのまま水平にお口に運ぶ...という動作が難しそうで、どうしても右手(次女は左利き)で添えてお口に運んでいます。

 

 

 

その原因は

療法士さん曰く、

やはり、アペール症 > 合指症による指の関節が曲がらないこと、両肩の強直も関係しているとの事でした。

親指と人差し指の挟む力は強くなってきているが、小指側は弱い。

 

前回教わった、おままごとの包丁で野菜を切る動作でのリハビリと、リハビリ科の先生から教わった両肩のマッサージで改善が見込めるかもしれないようです。

 

同じアペール症でも お箸を使えるようになった方や、市販のスプーンやフォークを使えている方はたくさんいらっしゃるので、親としてはうちの次女もどこでも対応できるように市販のもので慣れて欲しい、という思いもありました。。。

 

しかし、保育園での先生のお話や、次女本人は食べることが大好きなので、幼児のうちだけでも専用スプーンを作製してもいいかな、という気持ちに変わってきました。

 

 

 

次回は専用スプーン作製に向けて

ヨーグルトとティースプーンを持参し、食事中の次女の手の様子を重点的に診ていただけることになりました。

 

 

次女は本当に食べることが大好き❕

好き嫌いなく何でも食べるので、専用スプーン作ったら更に食がススむかな😊

スムーズに食べられることはきっと嬉しいよね😊

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

大学病院:急遽脳外科受診*耳鼻科定期診察チューブを取る*次女3歳5か月

■■急遽脳外科受診

片道105kmの道のりで秋を感じる...

高速の沿道、山々はすっかり紅葉🍁

自然が織りなす芸術は癒されますね✨

 

今回は耳鼻科定期診察に加え急遽脳外科を受診しました。

というのは

数日前に初めて大人の椅子からバック宙返りする感じで後頭部 首から落ち強打したからです。

 

ちょうど約8か月前にキアリ奇形からの減圧術をした箇所だったので心配でした。

直後は泣いたものの、いつも通り機嫌は良く食欲も落ちることもなかったけれど、何かあってからでは遅いので、念のため受診することにしました。

 

 

次女は慎重派な性格もあり?長女の時よりも転倒は少なく、ジャングルジムでも1歩1歩ゆっくり丁寧に登っていきます。

そんな次女が椅子から落ちて、本当にびっくりしました。

 

 

急遽だったということもあり、主治医がいらっしゃらないため、大人が受診する本館の脳外科で診ていただきました。

 

触診➩次女の様子を見る限りでも、とくに問題なし。との事。

CT、MRIを撮るほどでもなさそうです。

ホッと一安心。

 

 

■■耳鼻咽喉科受診

思えば今年は耳鼻科受診頻度が一番多い。

約5か月前に2回目のチュービング術をしてから右耳のみ耳漏が続いていたからです👂

 

検査するも悪い菌ではない

チューブのまわりに膜が出来ている→薬が効かない

抗生剤を数回変え、ここ数週間は漢方を処方され、服用し続けていましたが、改善することはなく。

 

 

次女も可哀そうだし私も限界、、、

結果、右耳のみチューブを取ることになりました。

 

と、細いピンセットのようなもので、その場で取ってくださった。

 

てっきり手術室でまた全身麻酔で行なうと思っていたので、驚きました。

出血もあり痛々しい...

 

「数日はまだ膿が出ているでしょう

近所の耳鼻科で引き続き掃除をしてもらいましょう」

 

✅チューブを取ることによって、耳漏は治まる

✅ただし、滲出性中耳炎になる可能性はある、その際 聴力低下に繋がるかも。今現在は聴力に影響はない。

 

 

チューブを取ってから2日後、まだ出血は続いていますが、長期に及ぶ耳漏から解放されることに期待しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

OT(作業療法:手先の確認と訓練)再開*次女3歳4か月

🏥 前回のOTから約7か月ぶり。

医師の指示のもと、OT再開の運びとなりました。

 

前回のOTでは食事中の手先の様子などがメインでしたが、今回は日常での手先の使い方、鉛筆の持ち方などを重点的に。

 

 

🍴まずは食事中の様子を聞かれ、

スプーンは左手で持ち、右手で落ちないように添えながらお口に運ぶ。

フォークは刺す力が弱く、あまり使用していない。

薬指と小指の間でポテトを挟んで食べていた事もお伝え。w

 

 ということで、色んな遊びを通して次女の手の動きを診てくださいました。

 

 

 おままごとの遊びの中で、お野菜を包丁で切る動作。

直接手で切り離すことは出来ますが、このおもちゃの包丁だと うまく力が入りません。

 

そうそう、次女は左利き。右手だと左手ほど力が入らないようなので矯正はしません。

 

 

写真のように次女の場合は手の平の小指と手首(正式名称わからず😓)の間の筋力がまだ弱いようです。

親指と人差し指の間の掴む力はだいぶついてきている様子😊

 

 

お絵描き✎

こちらでも小指側の握る力が弱いことが伺えました。

 

 

.....以上を踏まえて、次女の場合は

手の小指側の側面の握る力が弱い

➩おままごとの野菜を包丁で切る動作がリハビリになる

フォークの刺す力の練習にも繋がるようです🍴

 

早速、翌日は保育園の先生に この遊びを取り入れていただけると助かることをお伝えしました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

PT歩行訓練応用編*次女3歳4か月

まずは前回と同じハードルをまたいで歩く。

こちらはもう難なくクリア。

 

 

↑こちらはイメージ画。実際はハードル低いです。

 

 

幅15cmくらいの平均台歩行👣こちらもなんとかクリア👏

前回よりもさらに次女の安定感が増した印象。

そういえば運動会でも平均台にチャレンジしました😊

 

階段の昇降も一段ずつではありますがスムーズ👣

 

他にもOTを取り入れた確認&訓練も。

インソール入りシューズを履いた時と裸足の状態での歩行確認。

くるぶしが内側に沿っている。

 

 

 

🔽理学療法士さんより 

✅いつも通り、園でもインソール入りシューズを履くときは90°になるように上のテープはマジックテープが はみでるくらいキツめに留める

✅家でもインソール入りシューズを履かせてもよい➩足の成長に良さそう 

✅立位・足に変化がないか確認・記録のため 定期的に裸足の状態で後ろから写真を撮る

✅足に傷をつくらない

 

 

だいぶ独歩も安定してきたということでPTの頻度は少なくなり次回は年明け。

次は小走り?ジャンプ?が出来るようになるのかな?こちらもまだまだ道のりは長そうですが ゆっくりと成長を見守りたいと思います✨

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

次女3歳4か月*大学病院 脳外科定期受診

 ■■大学病院 脳外科定期受診

脳外科の主治医、毎回次女を両手で迎えてくださりありがたい🙌

 

約2週間ほど前に急遽形成外科を受診した件をお伝えする。

前頭部の拡げた箇所の凸

左上冠状縫合部?の凸

触診⇢脳外科でも問題なさそう、ということで様子見。 

 

 

思えば、去年のちょうど今頃CTでキアリ奇形を見つけてくださり、その日に術前検査➩数か月後に手術....

 

とバタバタしましたが、その手術は効果絶大で、数日後にはストロー飲みやコップ飲みが出来るようになり。何よりも夢にまで見ていた独歩が出来るようになったことがとても喜ばしいことでした。

 

発達はゆっくりですが、日々 次女なりの成長が見られ発見が面白いです✨

 

ひとまず頭の手術は落ち着いたと思いますが、あとは耳漏が改善するといいな....

 

 

帰りは長女と三女の保育園お迎え。

三女は眠そうだったな....

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

リハビリ科定期診察(インソールと歩行の様子・確認)*次女3歳4か月

■■保育園を早退し午後は療育センターのリハビリ科定期診察へ

 

📱参照記事次女3歳2か月*装具(インソール)受け取りへ👟

 

インソール入りシューズを履き出してから早2か月。

担当医師より『良好』

 

保育園の先生も 私から見ても、インソールはとても良好で、次女の歩きやすさに繋がっていると感じています👟

 

今のところ、足に赤みが出たりというトラブルもなく。ただ夏場は蒸れるのか、インソールに水滴が💦湿っていることも😓

 

 

歩行距離は今はもう数メートルではなく、本人の思いのまま長い距離も独歩出来るようになりました。

 

ただ、足の指も合趾のため、私たちとはバランスの取り方が異なるのでしょう。

歩幅は小さく、両手でバランスを取りながら歩行しているのが伺えます👣

本人の慎重派のおかげか、転ぶ場面はあまり目にしたことはありません。

 

 

 

 

保育園では以前は階段の昇降を楽しんでいた様子😊との事でしたが、最近はラクをすることを覚えたのか?階段に行くと先生に「抱っこ」とせがむこともあるそうです。

 

家では最近は早歩きの自主練?廊下を往復し、早く歩けたら嬉しそうに笑っています😊歩くことが本当に楽しそう♪

 

あんなに夢見ていた「独歩」が今や現実となり、なんだか不思議な感じ💭

これからも 「発語」など夢見ていること、先が見えないことを叶えてしまうことがきっと訪れるのでしょう。

その度に感動が大きいことは間違いないと確信しています。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

次女【小児弱視】眼鏡作成後の眼科診察*眼鏡調整も👓

■■眼鏡作成後の診察

なかなかタイミングが合わなく、やっと行けました。

 

▼疾病名:小児弱視

眼鏡は指示書通りに作成されている。

眼鏡装用で今後長期にわたって視力が改善されることが予想される。

眼鏡による効果はすぐには出ないので長期にわたる経過観察が必要である。

次回 半年後に視力検査要。

 


 

■■角膜に傷が付いている?

また先日、大学病院形成外科で逆さまつげの手術する判断材料として「角膜に傷かついているかどうか」を眼科にて確認するように。との事でしたので担当医に聞いてみました。

 

➩「左眼のみ少し角膜に傷が付いている」

「成長に伴い逆さまつげが改善する場合もある」

 

確かに左眼からの涙はよく出ています。

手術するほどではなく、今はヒアレイン点眼で様子をみることになりました。

 

 

■■その後はメガネ調整へ

 

f:id:oomirinaoo:20170627004354p:plain

こどもメガネ アンファン

 

こども専門のメガネ屋さん。

眼科検査を控えている場合は事前にメガネ調整へ行ったほうが良いそうです。 

 

前回は30分くらいかかったと思いますが今回はものの5~6分ほどで終わりました。

 

耳に掛けるケーブル部分が外側に曲がっていたそうで、しっかり内側に調整していただけました。

 

行きつけのメガネ屋さんは平日の調整でポイントがもらえます。

しかもポイントを6コあつめるとプレゼントGET🎁

何がもらえるか楽しみです♪ 

 

 

 

■■三女が眼鏡を奪い、遊ぶ💦

次女は今ではメガネはお顔の一部👓😊

本人もすっかり慣れて自分で掛けたり外したりもします。外すのはお昼寝タイムや就寝時の時など。

 

外すのは簡単なようですが、掛けるのはしっくりいかないこともあるのか「掛けさせておくれ👓」と私に渡してくることもあります。

 

最近は三女が次女の眼鏡を強引に取り、遊んでいることもあり💦次女は三女の動きを警戒しているときがあります😅

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

 

Sponsored Link