次女3歳2か月*装具(インソール)受け取りへ👟

📱参照記事➩次女3歳2か月*念願のインソール作製へ👟*そういえば両肩関節の強直 

 

■■豪雨

とにかく土砂降り☔💦私が外に出た途端、更に豪雨☔

雨女 本領発揮です。

こんな日に限って地下駐車場が空いておらず、数100m離れた駐車場へ🚙

 

療育センターに着いたら、ベビーカーにいた次女も 傘をさしてた私も意味なし。びしょ濡れ💦

 

次女は着替えがあったのですぐに着替えましたが、私は濡れたまま過ごし...寒っ⛄

 

 

■■ふとした瞬間の次女の落ち着き

まずは肩と足のレントゲン撮影へ

 

そういえば、ふと思ったのですが

レントゲン撮影や診察のときなど、台やベッドに仰向けで寝っ転がるのに、抵抗することなくスムーズ💭(あ、でも耳鼻科での耳と鼻の中の診察は激しい抵抗されます)

 

次女の場合は知的な遅れもあるのですが、先生の指示通りに出来ることは 3歳なりの落ち着きがあるのかもしれません。

 

それに お友達のアぺールちゃん。小さい頃から、検査や注射のときにギャン泣きすることはなく、泣くときは静かにシクシク泣く、、と。

 

自分に必要なことをわかっている。

可哀そうなんかではない。

頑張り屋さんで強い子なんだね。

 

 

■■装具(インソール)を合わせる・・

本来は靴下を履いて試し履きをするのですが、土砂降りの雨で靴下は濡れてしまい☔

仕方なく、裸足のまま合わせることに👟

 

⇩こちらは自宅で撮影

👣右が室内履き用(保育園で履く上履き)左が外履き用。

やはり土踏まず辺りがとても盛り上がっているように見えます。 

 

 

👣左がインソールの裏側。右が表。

 

👣左が横から見た図。

 

 

👟右が室内履き用でインソールを入れたシューズ。

左が外履き用でインソールを入れたシューズ。

 

...入れちゃうと よくわからないですね😓

 

 

☝次女のヘビロテシューズ👟

こちらに今回作っていただいたインソールを入れました。

 

 

■■リハビリ科診察

まずは先生、インソールを入れた靴と裸足の歩行の比較確認。

やはり、インソールを入れた靴のほうが歩行が安定している様子。

 

そして先程 撮っていただいたレントゲンの確認。

 

✅つま先からくるぶしにかけての横から見たレントゲン。

土踏まず辺りと その上の骨が平行になりつつある?=偏平足

歩き始めてまだ間もない今の時期にインソールを作製できたことは良いことだそう。

 

 

📷ある日の降園後。妹たちからアイスちょーだい攻撃を受けるお姉ちゃん笑

 

 

✅私から「親指(の付け根)に関節はありますか?」

➩ある

なぜ、この質問をしたかというと、関節は曲がらなくても関節があれば、いずれ親指だけでも分離手術をする判断材料になると思ったからです。

 

リハビリ科の先生は親指だけでも分離すると踏ん張りがきくから良いかもしれない。

しかし、現時点では まだ歩き始めたばかりですし、当分の間は様子を見ていいようです。

病院によっては足の指の手術は整形外科の領域になるのかも?

 

 

✅両肩関節強直のレントゲン

腕が肩より上に上がりずらいのは、骨に異常があるわけではなく、まわりの筋肉?筋?が固い様子。

 

腕を上に上げたときに脇の下に出てくる骨が目立つのがわかります。

 

前回、先生が教えてくださったように ゆっくりと腕を頭上に上げるリハビリ?をしてあげると良いそうです。

あまり腕を上げる機会がないと思うので、筋が固くなるのを防止出来るようです。

 

📷父と三女ラブラブ中に次女が...😊

 

なにはともあれ、今回作ったインソールで歩行時の足の負荷が軽減されるといいな✨✨

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

次女3歳2か月*念願のインソール作製へ👟*そういえば両肩関節の強直

■■4か月越しの

約4か月前(4月)、次女の独歩の兆しが見えたころ。

療育センター PTの療法士さんにインソール作製の打診をし、リハビリ科の予約(インソール作製にはまずはリハビリ科の受診が必要)を入れてくださいました。

 

しかし、かなり混雑していて受診まで4か月もかかるとの事😓

やっと、受診することが出来、インソール作製の運びとなりました👟

 

 

■■やっとリハビリ科受診

当日は予約時間になっても呼ばれず1時間待ち💦

その間に次女はお昼寝グッスリ😪

 

 

診察室へ入るとまずは

✅靴を履いた状態と裸足での歩行確認

歩行時に

くるぶしがだいぶ内側に沿っている点

右足に比べて左足の小指が開いている点

両手でバランスをとっている様子、などをお伝えしました。

 

✅転びやすいか?

本人慎重な性格もあり、転ぶ場面をあまり目にしない。ただ、高い段差など 本人が「無理そう」と感じると自らしゃがみ、ハイハイに切り替わる。

 

 

お馴染み次女のヘビロテシューズ👟シンプルで気に入っていますが、可愛いデザインもあったら嬉しいな♪

 

 

✅両肩関節強直の確認

足以外にも肩も診てくださいました。

そういえば、次女は両肩関節に強直があるため、真上に万歳が出来ない。

普段の生活では全く気にならならないので、本人も 支障無さそうに見えます。

 

先生は丁寧に次女の脇の下の骨を触れながら診てくださり、何か納得されたご様子。

私にも触らせて「ここがね~」「ここを押さえながら腕を上げる練習をするといいよ~」と。(文字では上手く表現できずすみません、というか複雑であまり思い出せない💦)

 

でも、この強直は治療不可能と思い込んでいたので、先生のおっしゃる通り、マッサージ?訓練?すれば改善が見込めることは驚きと同時に嬉しかったです✨

 

次回、インソールが出来上がった日に詳しく肩のレントゲンを撮ってくださるとの事。

何か少し前進しそうな予感💭

 

✅インソールは2足分作製

先生のすすめもあり、室内履き用&外履き用 2足分作成することになりました。

保育園でも室内と外、両方ともアシックスすくすくを履いているので そのシューズに入れる予定です。

 

📷こちら次女の食事後。まだ名残惜しそうにお皿を持っています。というか、お皿をペロリした後です💦お皿に付いた細かいものまで残さずペロペロしてしまい、お行儀が悪いので、それはなんとかやめさせないとです😓

 

 

■■型取り

別室で業者さんが足の型取りしてくださいました👣

てっきり、粘土を流して足がぐちょぐちょになるのかな?なんて思っていたのですが。数秒で終わりました。

 

柔らかいオレンジ色の板状のものに足を沈ませるだけで、足は汚れることはありませんでした。

靴の中に入れるインソールなので、外履き用の靴をお預けし、療育センターを後にしました🚙

 

出来上がりは約10日後です。

 

 

■■装具(インソール)購入・修理のための費用の支給について

お住いの地域によって異なると思いますので、うちの地域の場合。ご参考までに。

 

●申請に必要なもの

手帳、医師の意見書(所定の様式)、見積書、印鑑、マイナンバーが分かるもの、身元が確認できるもの 

顔写真付きの書類、顔写真無しの書類

 

●費用

所得に応じた負担上限額が設定されます。

 

現時点では私自身もまだ不明な点があるので、後日詳細を区役所へ確認しようと思います。


 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

次女(3歳)大学病院定期受診*形成外科・耳鼻科・歯科口腔外科*盛りだくさん

■■アペールちゃん家族に会う

病院に到着するやいなや、以前より仲良くさせていただいているアペールちゃん2家族にお会いすることが出来ました😊

 

次女と同じアペール症のお子さん、歳も同じなので、手術や治療の進捗状況など、話は尽きません。

 

なかでもアペールちゃん あるあるかもしれませんが

頭の形” について☝

「ここ(前頭部)が出てきたのよね~」

「こめかみ辺りがね~」

「あっうちも~...」

~ ~...

 

アペール症に共通する症状『頭蓋骨縫合早期癒合症』です。

3人とも手術済ですが、根本的には完治することはないので、定期的に形成外科受診、CT検査が必要となっています。

 

 

また同じアペール症でも 症状の程度や発達は様々です。

 

今日お会いしたお友達のアペールちゃんは 次女と同じ歳ですが、会話も普通に出来ますし発音も綺麗、独歩時期は健常児と ほぼ同じ、歩き方も安定している印象です。

 

次女の場合は ゆっくりめの成長で....一緒に写真を撮っても自由な感じでした😓

 

 

■■形成外科定期診察

約半年ぶりの受診だったと思います。かなり久しぶりです。

 

✅成長報告:4か月前の脳外科での手術を機に独歩や精神的にも著しい成長が見られていることなど

 

次女は診察室のデスクの上にあった可愛らしい積み木を丁寧に外したり、重ねたり。

以前は見られなかった そんな次女の様子にも主治医は驚かれている様子でした✨

 

 

✅主治医より「いびきと睡眠時無呼吸 有無の確認」

➩私が見る限りでは今のところ気になる点はなし

 

中顔面手術の時期は睡眠時無呼吸の有無(=切迫した状態)がカギとなるようです。

幼児期の中顔面手術はリスクもありますし、なるべくならやらない意向のようです。

 

 

✅中顔面低形成により、奥歯は生えない可能性があることは承知しているが、手前の歯(前歯の隣)が まだ生えていない箇所がある。

➩手前の歯は生える可能性あり。ただし、歯が重なって生えてしまうこともある。不正咬合。

 

✅中顔面低形成による不正咬合(わるい歯並び)で受け口になっており、歯ぎしりで前歯の形が変わってしまっている。

➩永久歯に生え変わってから いずれ矯正。現時点では様子見。アペール症の矯正は健常者の矯正ほどの完成度は見込めない。どの時点で矯正を終了するか難しい。 

成人しても お肉など噛みにくいままという方もいらっしゃるようです。

 

(中顔面手術に関してはお医者様によって 見解・治療方針がかなり異なる印象があります)

 

 

✅頭蓋骨 前頭部が出てきている点

➩現時点では様子見。昨年のCTでは脳は窮屈ではない。

 

 

✅以前より分離した指に赤みのある個所がある

➩紫色にはなっていないので血流はわるくなさそう

 

皮膚移植した個所が荒れやすいのでヒルドイドローションを処方していただき、診察室を後にしました。

 

 

 

■■耳鼻咽喉科

約1か月前のチュービング術後より、右耳のみ耳漏が続いている。

2回ほど近所の耳鼻科で診ていただき、点耳薬を処方していただいた。

 

✅検査

✅チューブは両耳留置されている

✅内服薬処方

✅入浴の際、右耳のみシャワーする(点耳薬は耳奥まで届かない可能性もあり)

✅足元の水遊び程度なら保育園のプールOK

 

 

f:id:oomirinaoo:20170801010208j:plain

出典:玉子と海老カツの太巻寿司|ファミリーマート

 

耳鼻科診察終了後はランチ🍴

次女は こちらの太巻き寿司🍣

あっという間に完食❕

私も1つくらい欲しかったのにな~

 

 

■■午後は歯科口腔外科

次女、あの診察台(椅子)に寝そべり、診ていただく。

意外にも じっとしていて、泣くことはなかった。エライ。

お口はなかなか開けてくれなかったけどね😓

 

現時点では治療は出来ず。経過観察。

1分ほどで終了ー。

 

✅虫歯に気を付け歯ブラシを頑張る。

形成外科と同じペースでの受診予定。

 

 

■■家路へ 

本日は3つの科を受診したため、1日がかりとなりました。(いつもかな)

帰りは長女と三女の保育園お迎え。

長女はなぜかテンション高くご機嫌😊

三女はバウンサーに乗せてもらってイイコにしてました👶

 

帰宅したら、洗濯~三女と次女をお風呂に入れて~三女の離乳食、次女の夕食~.....

と バタバタで自分の夕食はいつも後回しになってしまいますね💦

 

 

※今回の記事も あくまで私個人の解釈であり、次女の場合の治療経過を記しております。アペール症は まだまだ未知の疾患という印象。症状の程度や治療方針は様々です。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

次女3歳1か月*月1のPT訓練へ*独歩だいぶ進歩する

■■やる気マンマン?

次女は教室へ入るとすぐさま 奥の階段昇降コースへ。

昇り降りをしながら楽しんでいます。

 

✅天井から吊るされた縄にキラキラの飾りを付けてくださり、それを目がけて取ろうとする訓練。

➩背伸びして触れるので、本人大変なのか、すぐに諦めた(;^_^)

 

✅おもちゃの自動販売機を離れたテーブルに置き、歩行の確認。

 

訓練でこちらを使用しました。

コインを水平に投入したり、ボタンを押したり、缶を取り出したり、手先の訓練にもなりそうです♪ 

 

✅自販機の手前に出っ張ったボタンを押すのは本人には難しそう💭...

 

やはりアペール症により指の関節が曲がらないので、細かい手先の動きには制限があります。いずれは自助具なども検討すると良いとの事。

 

同じアペール症の先輩方にも色んな便利アイテムを聞いたことがあります☝

ペットボトルの蓋を開けやすくするするためのアイテム(ペットボトル飲料のオマケとして付いていたこともあるそう)や、お菓子の袋を開けるためのコンパクトなハサミ、ボタンを掛けやすくするためのアイテムなど。

 

もちろん同じアペール症でも症状は様々ですので、そういったアイテムを使わずに日常生活を送られている方もいらっしゃいます。

 

 

こちらも訓練で使用。 

わくわくする楽しい仕掛けがいっぱい!大きなアスレチックの世界をコロロンだまで冒険しよう!
第1のしかけ、スイッチを押してジャンピングバスケットに入ったコロロンを塔の上に運んでスタート!分岐バーを切り替えることで「ジグザグネット」、「ばけつかいだん」のどちらかを転がります。最後にカタカタばしを越えるとゴール!アンパンマンとばいきんまん、2個のコロロンの追いかけっこも楽しめます。

 

仕掛けがパターン化してるので、その段取りを覚えて遊ぶのも訓練になりそうです♪

 

✅足元が不安定なマットの上を昇り降りの訓練。

バランス感覚やお腹周りを鍛えるにも良さそうです。

 

家では乱雑に布団が置かれたベッドの上が足元が不安定だと思うのですが、よくそこでダイブしたりして遊んでいます😓

 

✅バランスボールの上に座り、療法士さんが歌いながらリズムに乗ってゆらゆらバランス訓練。

 

 

 

現在の理学療法士さんは今年4月からお世話になっており、早3ヵ月経ちますが 当時はまだ独歩2~3歩だったのに。

今や自ら歩き楽しんでいる様子♩

 

「急成長ですね❕」とお褒めいただきました👏

 

今となってはよく思い出せないほど、伝い歩きの時期は長かったと思います。1年半以上かな。全く進歩がなかったので、感慨深いです💭

 

 

PT訓練が終わったあとも教室の外の階段で自主練?をしていました😊 

 

 

 ■■👟インソール確認

約3か月前、インソールをお願いするためにリハビリ科の診察予約してから、やっと来月受診です。

 

各メーカーから色んなハイカットのシューズが出ていますが、幅広足の次女には やはり今も履いているアシックスすくすく が合っているようです。

 

 ■大切な足首をしっかりサポートするハイカットモデル。よちよち歩きのお子様の大切な足首を支えます。

■履き口が大きく開く履かせやすい親切設計です。太目の2本のマジックベルトで、しっかりフィット!

■足なりに曲がるはだし感覚の分割ソール採用で、お子様の足運びをスムーズにサポートします。

■素材はしなやかで丈夫な人工皮革。もちろんゴシゴシ洗えます。

■大切なかかとを安定させるため、かかと部に樹脂製ヒールカウンターを内蔵し、シューズと足との一体感を高めています。

■中敷が新しくなりました。形状に合わせた3D設計で、優しく包み込むようなフィット感。またムレを抑える吸汗速乾性と消臭効果で快適です。

■甲ベロ内側には、名前の書けるタグもついています。

出典:アシックス すくすく

 

 保育園の先生もおっしゃっていましたが、これを履いているときは安定感のある独歩をしているように感じます👟

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

次女(3歳)とランチで褒められる*初めてメガネの調整へ🚙

■■次女とランチ🍴店員さんに褒められる👏

先日、耳鼻咽喉科へお耳のお掃除の後に

来月の眼科検査に備え、眼鏡の調整に行きました🚙

 

まずは洋食屋さんで腹ごしらえ🍴

 

キッズランチをペロリと完食😋

私のランチメニューに付いてきたサラダも欲しいと言うのであげる。

 

ご飯など こぼれやすそうなものはオムライスの玉子にくるんだまま、上手にフォークでさして食べていたり。

アペール症により指の関節は曲がりませんが、それなりに上達している様子。

 

 

店員さんに「きれいに良く食べましたね~😊何歳ですか?...うちの子も~」

と会話が弾み、褒められる👏

 

私の偏見かもしれないですが、

店員さんは 次女が障害者とわかったようで、こんなに落ち着いてしっかりキレイに自分で食べる、とは思わなかったのではないでしょうか...?

 

予想に反すると驚きますよね。

いや、私もです。

 

家では三姉妹それぞれ食事メニューが異なるということもあり(長女は偏食がちで次女とは違うメニュー、三女は離乳食)食事の時間はバタバタしていて、まじまじと次女の食べる姿を目にすることは少なかったのです。

 

改めて、次女なりに食事する姿を間近で見られて、なんだか愛おしい。

 

あ、でも気付いたらエビフライのしっぽまで食べていました😓

私は しっぽは食べないので💦

 

 

■■眼鏡の調整へ

眼鏡の定期的な点検は欠かせません。

正しい位置に調整されていないと、眼とレンズの距離が変化し、ボケや度数誤差が生じ、これが違和感となって脳に負担をかけてしまうとの事。

 

最近気になるのは、いつの間にかメガネが ややずり落ちている点。

 

優しい店員さんがすぐさま、次女のお顔を計ってくださいました。

3~4回ほど こまめに試し掛けをしながら、時間をかけて微調整を繰り返してくださいました。

 

今回は耳に掛けるケーブルの部分を調整してくださったようです。

 

写真で before➩after の記録を撮っておけば良かった❕と思うほど、見た目も変わったのでとっても満足です😊

 

📷メガネ調整中に店内をお散歩♪

 

出来れば、来月の眼科検査直前に調整に来てください。との事。

 

今回の初めてのメガネ調整で いかに重要か納得したので、やはり定期的に行こうと思いました👓

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

次女3歳*初めての言語療法(ST)へ

■■次女なりの成長を機に

次女は約4ヵ月前のキアリ奇形の手術後は成長著しく、運動発達以外でも彼女なりにコミュニケーション力も伸びているような気がします。

しかし、まだハッキリとした発語はありません。

 

(より感情表現豊かに。遊んでいるときによく笑う)

(マネが上手になってきた)

(身振り手振りで自己主張をする)

(こちらの言っていることをなんとなく理解している)

 など

 

そんなこともあり、そろそろ言語療法(ST)を始める時期にきているのではないかと考え、前回、療育の定期診察で言語療法の訓練をお願いしていました。

 

 

言語療法(ST)とは?

幼児期の子どもに、主に、発音、発声の練習、質問の受け答えの練習、日常会話・コミュニケーションやゲームや遊びの中で 言葉を伸ばす訓練 である言葉の療育が行われています。

 

 

■■いよいよ...

お部屋では言語聴覚士の先生がお2人。

テーブルを間におひとりの先生が次女と対面し座っています。

次女の横にもう一人の先生も座ります。

保育園と同じような椅子に次女は自ら座る。

 

まずは 〇△□かんたんなパズルから。

だんだん、レベルアップし、さいごはフルーツのパズル🍌🍎🍇🍈

 

積み木では4段、5段と積み上げ、慣れてくると4段くらい重ねたまま、ひとつの積み木の上に乗せようとしています。

この高度な技?は初めて目にし、「こんなことも出来るんだ✨」とちょっとびっくりしました😊

 

 

📷こちらは自宅にて積み木

 

それと改めて感じたのは次女の穏やかさ。

彼女の性格なのでしょうが、パズルが上手く はめられなくても、積み木を倒されても、うまく積めなくても、

イライラせずにマイペースに穏やかに過ごしていることです。

 

先生は わざと積み木を倒すのですが、私なら イライラしちゃいそう(笑)

気持ちが荒れることなく、平常心でいられること 私も見習わなくては😓

 

とは言え、食欲旺盛な次女。食事を目の前にすると人が変わるけどね😊💦

 

 

少し離れたもうひとつの椅子まで歩き、自ら座ったり、おもちゃが収納してある扉を開けようとしたり。そんなひとつひとつの次女の動作に先生は目を光らせてくださいました✨

 

 

他には、保育園生活の様子や家族とのコミュニケーションの様子などを聞かれました。

 

🔽心配事もお伝えしました

・アペールちゃんは骨の構造により発語出来ても発音が苦手な傾向があるので、いずれはその点もカバーしていけたら..

(例えば本人は「あいうえお」と言っているつもりでも➩私たちには「ばびぶべぼ」に聞こえてしまうなど)

 

📷こちらは自宅にて積み木

 

 

■■まとめ

・何か動作(歩く、遊ぶなど)をしているときはそれに集中している。いずれは動きながらお話しする余裕が出てくるといいね。

 

・今はたくさん吸収している時期。

 

・生活のなかでの指示を聞かせる。

 

・就寝前など、ゆったりしているときに話しかけてあげて、言葉を意識させる。

 

・言葉は発しなくても、言葉に繋がる要素があると良い➩自然に笑ったりなど。

現状はお姉ちゃんと遊んでいるときによく大声で笑っているので、それはとても良いことだそう。

 

一応、上記をメモしましたが、意味わからなくてすみません💦

とにもかくにも、今以上に次女に話し掛け、笑い合える瞬間を多くすることが効果的なようです😊

 

次回のSTも楽しみです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

次女3歳*大学病院定期診察*脳外科&小児科

今朝はなぜか朝方に目が覚め、時計を見ると4時37分。直感で日の出が見られるかも!?

と一眼レフカメラを片手に外へ。

グッドタイミング👍

 

夏の日の出、朝焼けも素敵なのです🌅✨

 

 

 

長女と三女の保育園登園準備をしていると、いつものように次女も玄関へ。「私も保育園に行くよ!」と言わんばかりに靴を履こうとしています😊

 

「今日は病院だよ」本人も理解したのか、気持ちが切り替わりお部屋に戻りおもちゃで遊び始めました...

 

次女は まだ発語はありませんが、色んな場面での察知する能力が備わってきています✨

 

一番驚いているのが、歯磨きや点眼するとき。本人 大嫌いで結局泣くのに、歯ブラシを見せただけで私の膝の上にゴロン。目薬見せただけで、私の膝の上にゴロン。離れていても来てくれます(笑)

 

 

■■脳外科🏥成長報告など

約4か月前(次女2歳9か月)におこなったキアリ奇形の手術。その後はすぐにストロー飲み&コップ飲みが出来るようになったり、念願の独歩の距離も延びています👏

 

今回も主治医は次女を抱きかかえてくださり、嬉しい限りです。

 

また、形成外科の領域かもしれませんが、マクド法骨延長した前頭部の箇所の境目が目立ってきていることを少しお話しました。

 

主治医は過去に撮ったMRIやCTを診てくださり、、脳と頭骨の間が(表現がわからなくてすみません💦)しっかりしているから大丈夫のようです。

 

今後は中顔面の手術をおこなう際に、今気になっている前頭部の箇所を一緒に手術をするのかどうか.....検討していくのかもしれません。

 

✅家庭で洗髪する際に手術した個所(頚椎)を押さえることがあるが、圧迫されたり悪影響はないですか?

➩全く問題なし❕

 

 

■■小児科

✅成長報告、保育園生活の様子など。

 

✅先月おこなったチュービング術後から右耳のみ初めての耳漏が出ていることをご相談。とくに風邪を引いたことはなく、痛がる素振りもない。元気なのに耳漏?

 

➩チュービングにより、換気ができている証拠。

チューブはしっかり留置されている。

 

念のため、耳鼻科の主治医に確認を取ってくださいました。とりあえずは『タリビット耳科用液0.3%(細菌の感染を抑える薬)』を処方してくださり、1日2回右耳に1回5滴点耳で様子を見ることになりました。

 

📷数日前の次女の就寝中。。なぜか目の前に ぐでたまタワーが(笑)遊んでいるうちに寝ちゃったようです😪

 

点耳....意外に難易度高いんですよね💦就寝中におこなっても直ぐに気付いて反対側を向かれてしまいます💦

 

 

✅4か月前と1か月前におこなった術前検査時の胸部レントゲンでの白いモヤ(心電図では問題なし)は当時は様子見だったが?

➩肺炎のあとのように見える

 

しかし肺炎になったことはない。現時点でも様子見との事。

 

 

■■バタバタ....

次回の脳外科&小児科 定期診察は3か月後👋

お願いしていた小児慢性の意見書を受け取り病院を後にしました。

 

次女と遅めのランチでコンビニおにぎりを車内で🍙😋🚙

長女と三女の保育園お迎えもあるからね💦

 

そうそう。今週から保育園でプールが始まったのですが、三女は生まれて初めてのプール🐳私もまだ見たことがない三女の水着姿👙可愛いだろうなぁ💭

 

「初めて」を保育園で経験する...保育園あるあるですね(笑)

ありがたいです✨

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

 

Sponsored Link